株式会社 工藤工務店

KUDO DIARYBlog

2月13日

施主様と同じ財布だった話

 

 

 

 

 

 

 

GW明けから着工する施主様と打合せをしていた時に

ご主人の財布がテーブルの上に置かれており、ふとみると見覚えのあるマーク

 

仕様の打合せ中にもかかわらず、

 

「ちょっといいですか? 僕ご主人と同じ財布かもしれませんw」

 

 

 

 

「まさか工藤さん YUHAKU!?」

 

 

 

「そうですよ~ YUHAKUです!!」

 

 

 

 

なんちゅー偶然

 

それも同じラウンドファスナータイプ!

 

 

横浜で一つ一つ手作業で革に染色していく、技術とデザインの融合された

素晴らしい革製品を作っています。

 

 

仕様打合せから脱線してYUHAKUトークで大盛上がり

奥様もファンで横浜のショップに直接行ったとか凄すぎですw

 

 

 

 

「自分の好きなモノを持っている方に家づくりをお願いしてよかった。」

 

名言いただきましたw

 

 

 

アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

  1. HOME
  2. KUDO DIARY
  3. 2月13日