株式会社 工藤工務店

KUDO DIARYBlog

1月19日

横芝町の現場進捗状況です。

 

 

 

 

 

 

外部は下地工事まで完了しました。

 

ガルバリウム鋼板と塗り壁の組合せになっており、これから外壁仕上げ工事がはじまります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床はオークのフローリングです。

 

やはり、今一番要望が多いですね。

ミディアムカラーということで、家具が合わせやすいし、飽きのこない素材ですよね。

 

ちなみに私の自宅もオークですw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングの天井は勾配天井なりにレッドシーダーが貼られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供部屋のロフトの形状が出来上がっています。

 

ロフトの使い道は色々ありますが、断熱がしっかりしていると、寝床にもなりますし、

通常の延床面積より省スペースでコストも低く作れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甲地親子で現場も順調に進んでおります!

1月18日

四街道モデル「Obscure」年明け後も沢山のお客様に見学されておりますが、

先日ふと思ったのが「家具の説明してないな・・・」

 

 

キッチンやお風呂、フローリングや壁などは説明していますが、

家具まで説明はしないんですよね。

 

 

と、いうことで、ブログネタがない時にw工藤工務店こだわりの家具を書いていこうと思います!

 

 

 

 

まず、一回目として

 

 

 

 

ダイニングテーブルをご説明したいと思います。

 

 

 

 

ダイニングテーブルは、キッチンと同じキッチンハウスオリジナルテーブルになります。

 

 

 

 

ご見学された方は分かっていると思いますが、Obscureはダイニングとキッチンスペースが一体になっていますので、

木の無垢テーブルでインパクトをつけるより、キッチンと一体感を出したほうがいいだろうと思い、キッチンの天板と同じ素材になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天板は高圧メラミンというキッチンハウス独特の素材で、キズが付きづらいのです。

 

 

カラーはピアノべトンで、グラフテクトキッチンでもあるべトングレーの明るいバージョンですね!

 

 

なぜ、キッチンがピアノべトンをセレクトしたかと言うと、今までのオーナー様で選んだ方がいなかったから。ですw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脚もスタイリッシュですね。

 

シャープにみせるために足元が細くなっています。

 

 

 

 

長さ2mを超える大きさでも、かなりコスパがよく、カッコ良いし、お手入れも簡単。

 

木のテーブルもいいですが、キッチンと一体感でみせるというのもいいですよね!

 

オススメです!

 

 

 

次はチェアです!

1月17日

 

 

 

物井モデルハウスの帰りのランチだったり、夕方のテイクアウトでも最近よくお伺いしているのが、佐倉市のVEGAN-DELI OPTIMIST。

 

名前通り、肉・魚・卵・乳製品等不使用のビーガンデリのお店で、日替わりのおかずボックスだったり丼ものがあったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかずボックス

 

これにおにぎりを付けたりします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日替わりの丼もの

 

自分は丼とスープのセットをよく頼みますが、

これが美味いんです!

 

ヘルシーだし、毎日違うメニューで飽きないんですよね。

 

近くにあったら毎日通いますね!(たまにラーメン食べますがw)

 

 

ランチも良いんですが、16時以降のメニューも豊富!

パクチーサラダがめちゃうまでした!

 

 

 

Instagramで毎日のメニューがアップされているので、

是非、興味があるかたは是非!

アーカイブ

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

  1. HOME
  2. KUDO DIARY