株式会社 工藤工務店

KUDO DIARYBlog

7月20日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成田山新勝寺の見える現場にて上棟でした。

 

 

近隣の緑が多く、気持ちいい景色ですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ骨組みだけなので分かりづらいですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根がアールになっています。

 

通常垂木(屋根の下地)は長い材料を使用するのですが

アールにするために短い材料を細かくいれることでアールにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工藤家次男 孝二大工が棟梁で行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四方お清めの儀式

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の濡れないようにブルーシート張りも完了

 

 

11月引渡しに向けて本格的に動いていきます!

7月18日

先週は緑区の現場の上棟でありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

快晴の中での上棟!

 

 

今年の梅雨は本当に雨が降らないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足場からの梁組

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキップフロアの梁組

 

スキップフロアの下が全て収納庫となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱い中での上棟が続いておりますが、大工さんたち本当に頑張ってもらっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルーシートを張り、無事上棟を終えることができました。

 

 

施主様とは見学会期間を合わせると、3年近いお付き合いになります。

やっと形として現れましたね!

 

ずっと図面上で分かりづらいところでしたが、

これから現場で360度見渡して打合せしていきましょう!

 

 

11月引渡しに向けて本格的に動いていきます!

 

 

 

7月17日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、一昨日と「No.3110」の見学会、無事に終えることができました。

 

ご来場の皆様、ありがとうございました。

 

 

今回玄関の写真のみと、どのようなお家かわからない状態での見学会でしたので、

不安だった方もいらっしゃったと思いますが、その分衝撃があったのではないでしょうか。

 

 

 

 

どこも素敵な空間なのですが、私がとても好きなのは、水回りの導線です。

 

お風呂~洗面~WIC~ランドリールームの流れ

 

もう工藤水廻究極導線という名にします!

 

LDKを綺麗にするためにも、見えない部分の収納や使い勝手次第だと思います。

そこにストレスがない分、LDKも綺麗に保つことができるのではないでしょうか。

 

 

そして、書斎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うまく小物も配置されており、より空間が引き立っておりますね。

 

かっこいい空間です!

 

去年の夏ころから、ニューヨークスタイルやブルックリンスタイルの要望が増えてきまして、

 

今ではレンガ積のガッツリブルックリン系までいらっしゃいますw

 

工藤工務店でブルックリンスタイルを作るとどうなるのかは、これからのお楽しみということで。

 

 

 

 

 

 

そして、二日間私たちと一緒に話をしてくださった、オーナー様 本当にありがとうございました!

工藤工務店のスタッフ以上にお話をしてもらい、本当にお疲れさまでした!

 

こうやって嬉しそうにお話をされていてスタッフ一同幸せに感じさせてもらえる見学会はありません。

 

 

 

 

千葉good工務店会の連動企画で3か月4オーナー様宅の見学会が終えることができました。

 

 

4オーナー様には本当に感謝です!

 

ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

  1. HOME
  2. KUDO DIARY