株式会社 工藤工務店

KUDO DIARYBlog

10月15日

山武市の現場の進捗状況です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁のガルバリウム鋼板が張り終えました。

 

横のラインが綺麗なデザインの外壁ですね。

 

2~3年前はブラックが多かったですが、最近はホワイトが増えてきました。

 

フッ素コート仕上げになってから汚れもつきにくくなったので、綺麗なホワイトが綺麗に長続きするのも選ばれている理由ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングの勾配天井の板張りです。

 

 

これはレッドシーダーに変わる板材としてセレクトしました。

 

これはマホガニーという名前の木でして、フローリングやパネリングでも中々珍しい材料であります。

 

 

レッドシーダーよりは程よく赤みがあり、また一味違った空間を作り出す素材であります。

 

 

 

 

 

 

 

キッチンの床はフロアータイルという素材

 

渋い錆的なビンテージ柄をセレクト。

 

この上の乗るのが造作のキッチンになります!

 

 

 

大工工事も終盤に差し掛かってきました!

これからの仕上げ工事がメインになってきます!

10月13日

台風19号が過ぎましたね。

 

千葉は比較的15号よりは被害連絡は少ない状況ですが、

関東全体で被害が広がったような感じですね。

 

 

連絡で多いのが、台風15号の養生ブルーシートの剥がれで雨漏れ報告です。

15号の瓦工事も2割程度しか終了しておらず、まだまだ工事完了まで

先という方も多いだけに、なかなか難しい所であります。

 

 

オフィスの方は

 

 

ガラスが飛ばないように前面ガラスを木の格子で養生をしておりました。

 

なんだか、中から見たら気に入っている人もいるので、

階段前の養生は当分そのままでいくみたいですw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瓦は数枚落ちた程度

 

この瓦は廃盤となっており、瓦屋さんに残っている分も残り数枚と聞いているので、

今回治すのでストックは無くなってしまいそうです。

 

 

 

 

また、当分はブルーシート掛けに追われる毎日になりそうです。

10月12日

 

 

浦安市の現場が無事引渡しとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四方のお神酒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引渡しセレモニー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機器の説明

 

 

 

 

私が工藤工務店に入ってから初めての浦安市の現場でした。

 

 

工藤工務店に事務所に来てくださったのが約2年前。

 

 

奥様が工藤工務店を雑誌で気に入ってもらったのですが、

八街の会社が浦安に来てくれるだろうか・・・

なんて、夫婦でお話をしていたそうです。

 

初めて来られたのが、ご主人一人で来られて、色々お話をしたのも今でも覚えております。

 

 

遠い現場ではありましたが、大輔棟梁が毎日通い、スタッフ渡邉も頑張って現場の管理をしていました。

頑張れたのも施主様の人柄に惹かれ「素晴らしいお家をつくりたい」と、工藤工務店一致団結頑張らせていただきました。

 

 

 

まだ、現場のイメージもありますが、台風過ぎたらお引越しということで、

施主様家族のこれからの楽しい生活をより快適に愛着をもって住んでいただけたらと思います。

 

長いようであっという間の家づくりだったと思います。

 

今回で一区切りですが、これからが長いお付き合いになります。

 

施主様、家づくりお疲れさまでした!

そして、工藤工務店を選んでもらってありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

アーカイブ

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

  1. HOME
  2. KUDO DIARY